敏感肌になってしまう原因を簡単にご紹介

 

近年、敏感肌で悩む人が増えている傾向にあります。

 

その原因に

 

「ストレス」
「睡眠不足」
「不規則な生活」
「使用している化粧品が肌に合っていない」
「スキンケア方法が間違っている」

 

などがありますが、実は「食べ物」も敏感肌の原因の1つとしてあげられています。

 

なぜ、食べ物から敏感肌になってしまう?理由を知ろう

 

私たち日本人の食べ物の歴史を振り返ると「栄養バランスが整った和食」「必要以上に食べない」という文化がありました。

 

実はこの食文化のおかげで、日本人は肌トラブルが少ない状態だったのですよ。

 

ところが現代の日本の食文化はどうなっているのかというと、欧米化してきています。

 

ファーストフードやコンビニの拡大、そして欧米で人気が高い食品を簡単に購入することができる環境が広がっているために、欧米化した食生活を送る人が増えているのです。

 

決して敏感肌の原因の全てが食生活というわけではありませんが、少しは影響している可能性があることを理解する必要があります。

 

また、敏感肌になると水分が不足して肌が乾燥した状態になってしまいますが、この状態は体の内部が影響していることがあるのですよ。

 

だからこそ、敏感肌で悩んだ時には化粧品を敏感肌のものに変えてみたり、クレンジングや洗顔方法を見直すことがありますが、これと同じくらいに食べ物についても考える必要があるのではないでしょうか。

 

敏感肌に良い食べ物を知ろう!

 

敏感肌対策として食べ物を見直すのであれば、敏感肌に良い食べ物を積極的に取り入れるようにしたいですね。

 

では一体、どのような食べ物が敏感肌に良いのかというと、「野菜類」になります。

 

野菜には、肌や体に良い栄養素がたっぷりと含まれているのですよ。

 

例えば、

 

・かぼちゃ
・小松菜
・ほうれん草
・春菊
・ピーマン
・チンゲン菜

 

などの野菜には「ビタミンC」がたっぷりと含まれています。

 

食べる量についてですが、1日に100gを目安に摂取してみてはいかがでしょうか。

 

その他にも

 

・じゃがいも
・さつまいも
・もやし
・かぶ
・白菜

 

もおすすめですよ。

 

ただし、野菜を食べる時には生野菜としてたくさん食べると体を冷やしてしまいますので、温野菜で食べるなどの工夫をしてみて下さい。

 

肉は敏感肌によくない?実は美肌づくりに最適なのです!

 

敏感肌で悩む人の中には「お肉を食べない」という人もいるかもしれませんね。

 

実は、肉類を全く食べないというのは敏感肌によくありません。
肉類にはたんぱく質がたっぷりと含まれていますから、美肌づくりには最適なのですよ。

 

肉以外にもたんぱく質が多く含まれているのは

 

・魚類
・大豆製品
・乳製品
・卵

 

などになります。

 

これらを使用しながらバランスよく食べて、敏感肌で悩まない肌を目指したいですね。